糸島のナカトリモチ

神と人を結ぶ神主さんを中執持といいます。 糸島を舞台に神社の奉仕、地元を案内するガイド・添乗員、予備自衛官・防災士などの様々な活動をしながら日々の事を綴るブログです。救命講習、 パソコンや進路指導、観光、郷土史や神話の各種講師業も行なっております。

糸島神在天神社

平成の御代

新たな時代の幕が開けようとしている今日、天皇陛下は譲位に向けた諸祭諸儀式に臨まれました。

憲政史上初となる譲位による御世代わりということで、世間では様々に取りざたされました。当初は生前退位という不敬極まりない言葉が横行し、我が国の歴史文化そして伝統を蔑ろにするかのような一部の論調がメディアに露出する度に憤りました。世界に誇る歴史を、自国を誇りに思えるように嘘でも誇張でもなく事実を伝えることで発信することの大事さを痛感しました。

今回特例法が施行され、明日より新たな元号である令和を冠した時代が到来します。

ついに明日は皇太子殿下が御即位され天皇となる祭祀儀式があり、連綿と続く我が国の揺るがぬ国の形が継承されるのです。神話に始まる我が国の歴史は初代神武天皇より途切れることなく続いており、明日から126代目となる令和の御代がはじまります。

私はこれからも神主として、神様と世の人とを繋げるナカトリモチを続け、これが父祖及び諸先輩から受け継ぐ日本の形であると信念を持って、次の世代に伝えていきます。

我が国を取り巻く環境は依然として厳しく、多くの国民が知るところとなるテレビや新聞等では不当に本邦を貶める論調が跋扈し、他国であれば考えられないような敵対する国からの武器を用いない攻撃を受け続けています。プロパガンダやスパイ行為は邦人の身を危険に晒しています。保守を自認する私にとって安倍晋三政権は大変頼もしい存在でありますが、自由民主党の党是である憲法改正や更には皇室典範及び皇室経済法の改正、日本人になりすまして内部から破壊活動を続けるスパイへの対策や国防の充実は依然として遠いものです。また、人口減少の原因たる少子化並びに超高齢社会の到来は未曾有の危機にあると言えるにも関わらず、じわじわと真綿で締め付けていくように状況は悪化しており、対策は後手後手で長期的な戦略に欠けた政策ばかりと感じています。

地位を得たものは保身に走り、その場限りの政策になりがちであり、力無きものの声は正論であろうとも届かないジレンマです。

昭和に生まれ平成に育った私が令和に何を為すのか。政治は五箇条の御誓文にあり、教育は教育勅語の中にあります。私は中今を生きる日本人として、次の世代にバトンを渡す為に走り続けます。

f:id:hidetou:20190430205105j:image

何のご縁か、平成最後の日となる今日から北陸を案内しています。平成の締めくくりは石川県におります。そして明日の令和は富山県で過ごすことになります。日本三霊山の白山そして立山のお膝元で新時代の黎明を迎えます。弥栄!