糸島のナカトリモチ

神と人を結ぶ神主さんを中執持といいます。 糸島を舞台に神社の奉仕、地元を案内するガイド・添乗員、予備自衛官・防災士などの様々な活動をしながら日々の事を綴るブログです。救命講習、 パソコンや進路指導、観光、郷土史や神話の各種講師業も行なっております。

糸島神在天神社

小城羊羹旅日記(文豪風)

小城羊羹旅日記

以前に地元を案内した団体から、日帰りの良い旅先がないか聞かれていたので、佐賀県小城市を勧めていたところ、秋に案内する事となった。

全く有難い話で、主催事業を控えた時期であったり、その他暇なようで細々と雑務の多い我輩ではあるものの、頼られると悪い気はせぬたちだから快く引き受けた。勿論、仕事としてであるから本腰を入れねばならぬ。

f:id:hidetou:20171103225827j:image

さて、小城というと矢張り羊羹が有名で、九州はもとより全国にその名は轟くと聞く。しかるに翻って旅先としては存外地味な印象で、あまり人気の場所とも聞かぬ。小城の観光課職員が我が故郷の観光事業に着目し視察に訪れた時など、折角のご縁と小城に興味を持って何かと名物を尋ねたものの、首を傾げて当地には別段観光に資するもの無しとの回答で驚いた。(役場の人の名誉に関わる話なので附すが、謙遜の気持ちだろうから目くじらなどはご勘弁を)

しかるに、これもご縁と思い実際に訪れてみると、我輩は忽ちに小城に魅了されてしまった。小城という町はさほど大きくもない土地で、福岡からだと丁度良い半日旅行の場所だ。遠近の名所名物ある中で、我輩は江戸時代10万石に満たない小藩の城下町から発達したまちが殊の外興味を惹かれるのだが、近場では福岡藩支藩秋月藩や大分の佐伯藩そして熊本の人吉藩、遠くにあっては新潟の村上藩などがある。

小城は肥前鍋島の佐賀藩支藩として7万3千石の領地を持っていた。今の小城市の文化の土台はこの頃に醸成されたのではないか。

f:id:hidetou:20171103225619j:image

羊羹が有名ということでは、小城市中に20軒を超える老舗が立ち並び、また点在する。

我輩を喜ばせたのはそればかりでなく、酒蔵が2軒もあったことだ。小柳酒造と天山酒造。どちらもそれぞれ趣を異にして、そして良い酒を醸している。因みにほんの数粁離れた隣町でも大きな酒蔵があり、酒蔵巡りの観光としては随分と良いところである。

良い酒には、良い肴がなくてはならぬが、その前に景勝地を紹介したい。それは清水の滝である。全国各地に清流あり、名爆あり。そうした中にあって清水の滝は、直ぐ真下から落差75米の滝を仰ぎ見、感じる事ができる。その迫力と清冽なる神々しいまでの水分の恵みには自然と手が合わされる。滝の傍らには不動明王像の他大小の像が立ち並び、古くから信仰の場としても栄えた事が窺い知れる。

f:id:hidetou:20171103225644j:image

 水の良いところに、美味いものの無いはずがないのである。この地は鯉料理が有名だ。清水の滝周辺には老舗の鯉料理屋が山の道沿いに軒を連ねている。鯉こくに、鯉の洗いに鯉づくしを堪能できる。滝や古刹の散策を先にするか、後にするかはその時の胃袋にきくとして是非滋養に富んだ鯉を賞味してもらいたい。

f:id:hidetou:20171103225434j:image

はてさて、小城の魅力をお伝えせんとつらつら書き散らしたもののまさに百聞は一見にしかずの言葉どおり彼の地に是非ともお立ち寄り頂きたいものだ。

そこで必ずや良い出会いがあるであろう。もし予想と違った展開があったとしても、それが旅の醍醐味である。