糸島のナカトリモチ

神と人を結ぶ神主さんを中執持といいます。 糸島を舞台に神社の奉仕、地元を案内するガイド・添乗員、予備自衛官・防災士などの様々な活動をしながら日々の事を綴るブログです。救命講習、 パソコンや進路指導、観光、郷土史や神話の各種講師業も行なっております。

糸島神在天神社

日本三霊山 立山修行

7月の下旬から日本三霊山立山の主峰、雄山の頂上に鎮座する神社で神明奉仕しております。

f:id:hidetou:20170801064947j:image

此の度で3年振り5回目のご奉仕となり、3000メートルの頂上で1ヶ月以上籠る予定です。

上山した日と翌日は軽い高山病にかかりましたが、問題なく過ごしております。生活しているだけで高地トレーニングをしているような状況なので、肺が鍛えられています。

f:id:hidetou:20170801073744j:image

雲の上であり、更に雲の中に入ることもあり、また空を見上げて雲の流れを見ることができます。高天原天照大神が神を祀っていたことを、雲を眺めながら合点したのが立山でした。

f:id:hidetou:20170801073741j:image

今回は麓まで家族が同乗し、福岡から車で富山に入りました。30kgを超える大荷物を抱えて山を登って行くと、ボッカと間違われ、登山者とすれ違う挨拶のたびにご苦労様と労いの言葉をかけて頂きました。久しぶりの登山ながら、30kg超の荷物をさほどきつく感じることなく歩けたのは、2ヶ月以上にわたる消防団操法訓練で体づくりが出来ていたからなのかと思います。

雪が残る夏山を登ります。立山に登るまでは大人としての扱いを受けなかったという昔からの風習もあり、富山県下の小学生が学校単位で登ってきます。昔の霊山は今は多くの登山者で賑わう観光の山でもあります。

f:id:hidetou:20170801074305j:image

立山日本三霊山のひとつに数えられ、富士山・加賀の白山と共に山岳信仰の盛んな霊山です。神仏習合の名残が伝承や今日の信仰に息づいています。

立山という名前の山はなく、連山の総称です。主峰は雄山3003mで、雄山神社峰本社が鎮座しています。夏の間だけ神主が常駐しており、平素は麓の神社でご奉仕しています。

f:id:hidetou:20170801073740j:image

信仰の山ということで、頂上から少し下ったところで柵を設けて大人500円小人200円を頂き登山安全と身体健全のご祈祷を行なっています。

開山は奈良時代で、伝承に残る佐伯氏の末裔が現在も宮司を勤めています。御祭神はアメノタジカラオ神、イザナギ神です。

詳細は今年の6月にディアゴスティーニ社から刊行された『日本の名峰』創刊号を是非ご覧頂きたいです。神社の紹介で不肖私が取り上げられており、付録のDVDではご祈祷している頂上の様子も収録されています。

f:id:hidetou:20170801073747j:image

f:id:hidetou:20170801074515j:image

雄大な景色を臨める立山で長く過ごしていると、心身ともに研ぎ澄まされていきます。諸事情あり、本来は糸島にいるべき時期にありますが、霊山での修行が自分を成長させるものと思い、神明奉仕に励んでおります。

f:id:hidetou:20170801074441j:image

厳しい条件下ではありますが、常時10〜15名程の神主・巫女や賄方等がおり、家族のような雰囲気で共同生活をおくっております。俗な部分もあり、ご奉仕始めの頃に比べると携帯電話の電波も一部は繋がりますから随分便利になりました。家族とも連絡をとれるのがありがたいです。

山に抱かれ、登拝する皆様から善意と好意と親しみのこもったお気持ちを毎日受け、ナカトリモチたる神主の勤めに幸せを感じております。

f:id:hidetou:20170801100131j:image